内定者インタビュー

Q1 : EMCJに入社を決めた理由

芹澤
抽象的な表現になってしまうのですが、面接の際、私の目の前で社長と遠藤さんが話している姿に温かさを感じたからです。
後藤
面接で、わかりにくい質問をした際、その質問の意図を一生懸命、汲み取ろうとしていただき、その姿勢に誠実さや、真摯さを感じたからです。
高橋
社内を見学させていただいた際、社員さん同士が楽しそうにコミュニケーションをとっている姿が良いなと感じたからです。
西澤
他の会社の選考状況の話になった際、自分のことのように親身になって考えていただいたからです。
橋本
会社全体の雰囲気が繕っているものでなく、すごく自然な印象を受けました。他の企業はもっと硬い雰囲気でしたが、この会社だけは違うと思ったからです。

Q2 : EMCJ社員の印象を教えて下さい

芹澤
部活の先輩に近い雰囲気を感じました。仕事からプライベートまでなんでも相談できそうです。
後藤
私たち学生に対して、“対学生”ではなく、“対人”として、接してくださった気がします。会社全体に対しては、家族に似た印象を受けました。
高橋
どの社員の方も自分と同じ目線で、話をしてくれました。
西澤
色々聞いてくださるっていうか・・・人のことを深く理解しようとしてくれる気がします。なので、面接時もすごく話しやすかったです。
橋本
芹澤さんと同じく、部活の先輩のような人が多いなと思います。凄くフレンドリーで親しみやすい印象です。

Q3 : 3年後になりたい自分

芹澤
3年後は人事職に就きたいです。大学で教職の勉強をして、免許を取ったので、これを生かし、EMCJに向いている人を採用したり、新人を1人前に育てられるようになりたいです。
後藤
新しく入って来る自分の後輩に悩みなどをうち明けてもらえるような、後輩に寄り添える先輩になりたいです。
高橋
後輩や先輩など社員同士の繋がりの他に、取引先の方との繋がりも出来たらなと思います。
西澤
言われたことだけをするんじゃなくて、自分で考えて仕事を進め、自分の存在価値を発揮したいです。
橋本
先輩や、お客さんに信頼され、もっと言うと、これから入ってくる後輩にも信頼される自分になりたいです。

Q4 : これから就職活動をする学生さんへのメッセージ

芹澤
サイトに書いてある情報だけで、会社のことを全て理解するのは難しいので、会社に足を運んで、見て、感じて、会社選びをしてほしいです。
後藤
企業を様々な角度から見て欲しいなと思います。その中で、自分が1番大事にしたいポイントは何なのかを見極めてほしいです。
高橋
大学在学中に、色んなことに全力で挑戦してほしいです。資格や勉強もそうですけど、趣味にも全力で打ちこんでほしいです。それが、就職活動にも活きてくると思います。
西澤
大学内だけでなく、学外にも出て、いろんな人に会い、自身の知見や、人脈を広げながら、就職活動をしてほしいです。
橋本
迷っているならまず行動してほしいですね。企業説明会に行こうかな、と迷っているなら、行った方が良いと思います。行動することで得られることは多くあります。